ニュース

「吉川八坂祭り」・14、15日に平沼、栄町で

2012.7.10(吉川市)
ニュース写真
 吉川八坂祭りは、14日(午前10時30分〜午後4時30分)と15日(午前10時〜午後9時)、吉川市平沼のいちょう通りなどを会場に開かれる。同祭りは五穀豊穣、悪疫退散を願い、神輿9基、山車9基、子ども神輿8基が繰り出す、吉川を代表する勇壮な夏祭り。
 神輿を頭上高く放り上げる「暴れ神輿」は八坂祭りの代名詞でもあり、その荒っぽさは、まさに大迫力。クライマックスは15日午後8時から午後9時に行われる神輿の競演。各町会の神輿9基がいちょう通りに集結し、神輿が夜空に舞う。
 同祭りの実施に伴い、芳川神社周辺の県道加藤平沼線などで交通規制が実施さる。臨時駐車場として、吉川市役所駐車場が利用できる。
 八坂祭りの由来は諸説あるが、慶長7年(1602年)吉川宿が吉川村、関村、平沼村に分村されたのを機に神輿が作られ町内を練り歩いたのが始まりとされ、その後、嘉永6年(1853年)に神輿を新調し、祭礼は一層盛んになり、あばれ神輿として有名になったとされる。
 <問い合わせ>よしかわ観光協会事務局(吉川市商工課内)TEL982・9697。

>戻る