ニュース

吉川松伏小年消防クラブ誕生・小学生25人で結成式

2012.5.21(吉川市)
ニュース写真
 吉川松伏少年消防クラブ結成式が4月29日、吉川松伏消防組合消防本部で行われた。結成式では、相川勘造消防長からクラブ員の吉川市と松伏町の小学5・6年生の男女25人(男14、女11)に、任命書・クラブ員章・手帳と吉川松伏防火安全協会から寄贈されたクラブ旗が授与された。
 結成式終了後、クラブ員は各チームに分かれ、消防署版オリジナル「オリエンテーリング」ゲームに挑戦。消防署から与えられた指令書に沿って「はしご車のはしごの長さ」や「救急車での救急隊員の仕事」などを消防署員に聞きながら、問題を解き、最後にそれぞれ発表した。相川消防長から「チームワークを大切にしてほしい」と話があり、クラブ員はこの活動を通し、チームワークの大切さを学んだ。
 少年消防クラブは、防災について学びクラブ員を通じて家庭や地域の防災意識の高揚を図り、将来の地域防災の担い手となる人材育成をするために結成された。同消防組合ではクラブ員も募集している。対象は吉川市と松伏町に住む小学5・6年生の男女。
 <問い合わせ>吉川松伏消防組合総務課管理係TEL982・3918。

>戻る