ニュース

ウォークスルー方式で販売・「枝豆ヌーヴォー(解禁)」開催

2021.5.31(八潮市)
ニュース写真
 八潮市鶴ヶ曽根の「ふれあい農産物直売所」で22日、「やしお枝豆ヌーヴォー(解禁)販売会」が開かれ、大勢の市民らでにぎわった。

 同市商工会と同市が主催し、「やしお枝豆まつり実行委員会」(清水達夫会長)が主管となった市制施行50周年記念事業。

 販売会は、2010年にTX(つくばエクスプレス)八潮駅前の商業施設「フレスポ八潮」で開かれて以来、毎年催されてきたが、昨年はコロナ禍のためドライブスルー方式で実施した。今年は慎重に検討を重ねて“ウォークスルー方式”(客は長く立ち止まらないで買っていく方式)で実施した。開催前には約50人が列を作る盛況ぶりで、同実行委は消毒液の準備や、ソーシャルディスタンスを守るための工夫をしながら販売した。

 用意された枝豆は、枝付き(税込み600円)と袋入り(税込み500円)で約400個。枝付きは開始約5分で完売。袋入りも開始後30分も経たずに完売した。購入した人々は「朝収穫しただけに鮮度が違う」と喜んでいた。

 同実行委の清水会長(60)は「旬の枝豆を消費者に届けられてよかった」とほっとした表情だった。