x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

「はぴベジ博」開催中・地元野菜を楽しむ

2017.7.3(八潮市)
ニュース写真
 「八潮市商工会」(古庄正登会長)は23日から8月8日までの約2か月間、「やしお八つのハッピー野菜博覧会『はぴベジ博2017』」を開催する。地元産野菜の8種類のうち1つ以上を使ったグルメを提供する店を巡るスタンプラリーで、合計88人に抽選で商品券などが当たる。

 同商工会は8年前から、8種類の地場野菜(枝豆、小松菜、ネギ、ホウレンソウ、ナス、サントウサイ、トマト、天王寺カブ)を“ハッピーベジタブル(略称はぴベジ)”と名付けて、家庭や飲食店でおいしく楽しく食べてもらう活動を展開している。このうち、1つ以上を地元で購入し、考案したオリジナルの料理が対象。「元祖八潮焼きそば」、「小松菜チャーハン」、「えだまめのアイス」「トマトおろしそば」など22品がエントリーした。

 ラリーは、参加22店のうち、いずれか3店(うち2店は同じ店でもOK)で飲食や商品を購入し、「ハッピーまめちゃん」スタンプを3つ集めて応募すると、抽選で1等が商品券1万円分5人、2等が同5000円分30人、3等は八潮産たっぷり野菜詰め合わせと商品券1500円分53人―が当たる。3つのスタンプは、異なる2店のスタンプと、やしお生涯楽習館、市観光協会、商工会のいずれか1か所の「ハッピーこまちゃん」スタンプの組み合わせでもよい。

 9月中旬に抽選が行われ、発表は賞品の発送をもって代える。

 専用台紙は同商工会や各参加店で配布。各参加店の応募箱、または商工会に持参または郵送する。締め切りは8月11日消印有効。同ラリー参加店一覧の「はぴベジ博街めぐりマップ」は、商工会、市役所、観光協会、参加店などで配布しているほか、30日に八潮市内に全戸配布される。商工会ホームページからもダウンロードできる。

 <問い合わせ>八潮市商工会TEL996・1926。ホームページ=http://yashio.or.jp。
>戻る