ニュース

岩瀬君(6年)ら優勝・「わんぱく相撲」に351人

2016.11.7(八潮市)
ニュース写真
「第25回やしお市民まつり・わんぱく相撲大会」が10月22日、八潮市文化スポーツセンター相撲場で開かれ、351人の小学生力士が出場した。 「6年男子の部」の決勝戦は、岩瀬浩嗣君(八幡小)と佐藤凛君(大原小)が対戦し、仕切り直しの熱戦の結果、「気持ちを強くもって臨んだ」という岩瀬君が寄り倒しで優勝した。「6年女子の部」は大日向理得さん(潮止小)が初優勝した。

岩瀬浩嗣君「相手をよく見て緊張しないように気をつけた。初めての優勝だったのでとてもうれしい」
大日向理得さん「去年は1回戦で負けたけど、諦めない気持ちをもって優勝できた。とてもうれしい」
金成瑠海君「絶対勝つという気持ちで取り組んだ。相撲は相手を倒した時の爽快感が面白い」
中原真菜さん「勝ちたい、優勝したいという気持ちで土俵際で足が出ないように踏ん張った」
中嶋一喜君「押して倒す技が得意。休み時間もいつも練習した成果がでてよかった」
西川あかりさん「練習不足だったが、本気を出して優勝できてよかった」
大沼真太郎君「相手の動きをよく見て対戦することを心がけた。相撲は心も鍛えられる。練習の成果が出てうれしい」
柳瑛美さん「練習したことを発揮できるように一生懸命諦めず頑張った」
>戻る