ニュース

「南川崎」が優勝・YC旗少年野球大会

2016.7.4(八潮市)
ニュース写真
 「八潮地区YC(読売センター)旗争奪夏季少年野球大会兼東武よみうり新聞社旗争奪大会予選会」の決勝戦が6月19日、八潮市の下河原運動広場で行われ、「南川崎ゴールデンアロー」が全勝(10勝0敗)で優勝した。

 準優勝は西袋少年野球部」、3位は「八潮ツインズ」、敢闘賞(4位)は「八潮スターズ」となった。上位4チームは8月11日からの「東武よみうり新聞社旗争奪大会」(八潮市)の出場権を手にした。

 大会は八潮市スポーツ少年団野球部会が主催・主管、後援は東武よみうり新聞社、八潮市、八潮市スポーツ少年団本部、協賛は八潮地区YC(読売センター)。4月29日に開幕し、11チームのリーグ戦で行われた。

 「南川崎ゴールデンアロー」の平賀芳樹監督(45)は「春の決勝で負け、平日も練習をしたのが実を結んだと思う」と喜びをかみしめた。

 表彰式で、高橋久雄・八潮市スポーツ少年団野球部会会長、読売新聞販売網(株)関商事・八潮地区YCから、賞状、優勝旗、トロフィーなどが贈られた。南川崎ゴールデンアローの足立道太コーチ(助監督)(40)に優秀監督賞(平賀監督の意向による)、田中隼人選手(南川崎ゴールデンアロー)に最優秀選手賞が贈られ、11チームから各1人、優秀選手賞が選出された。
>戻る