ニュース

「まちかど文化祭」開催・体験講座が人気

2016.6.14(八潮市)
ニュース写真
つくばエクスプレス(T])八潮駅前の商業施設「フレスポ八潮」で5月29日、「まちかど文化祭」が開かれた。「まちかど文化祭実行委員」とNPO法人「やしおぬくもりネット」の主催。
 会場では、フック付きの壁掛けを作るDIY、ガラスに細かい砂を吹き付け、絵を描くサンドブロスト、樹脂粘土のデコ素材をフォトフレームやメモスタンドなどに盛り付けるスイーツデコ、首や肩のコリをほぐすロミロミ肩もみ―など8店舗が出店し、1回500〜1000円で体験講座を開き、約300人が体験した。
同市を盛り上げようと昨年11月に1回目が開かれ、2回目の今回は参加者数も増えたという。
 革のパスケース作りを熱心に体験していた、同市浮塚の内田ひろ子さん(35)は「本革で、オリジナルの1点物が出来て良かった。物作りが大好きなので、参加出来てうれしかった」と喜び、同実行委員責任者の篠田昇さん(68)は「まちづくりの一環として開催を決めた。今後も、市民を巻き込んだ町おこしを続けていきたい」と熱く語った。
>戻る