ニュース

初の「新年初荷パレード」・ふれあい農産物直売所

2016.1.18(八潮市)
ニュース写真
 「八潮市直売所連絡協議会」(星野仁会長、会員61人)は7日、同市鶴ヶ曽根の「ふれあい農産物直売所」で、「新年初荷パレード」を行った。初荷を祝い、“安心・安全・新鮮な野菜”を市民にPRしようというもので、同所では初の試み。
 「やしおの八つの野菜」(小松菜、枝豆、葱、ほうれん草、トマト、ナス、山東菜、天王寺かぶ)のステッカーを貼り、野菜の“宝船”を荷台に積んだ軽トラックは、直売所を出発し、市役所、商工会議所を回った。市役所では大山忍市長が「地産地消を進める中で、市としても都市農業の振興に協力していきたい」と激励した。
  星野会長は「八潮の顔として直売所を盛り上げ、生産者から消費者のみなさんへPRしたい」と意気込んでいた。
>戻る