ニュース

山本己太郎さん市長賞・八潮市新人クラシック音楽公開オーディション

2015.12.28(八潮市)
ニュース写真
 「第9回八潮市新人クラシック音楽公開オーディション」(八潮市主催、市教育委員会後援)が5日、八潮メセナで行われた。  県内外から、ピアノ、クラリネット、バイオリオンなど16人と1組が参加し、ピアニストの佐藤展子審査委員長はじめ5人の審査員の前で持ち時間13分以内で、それぞれ熱演した。

 審査の結果、最優秀賞の八潮市長賞には、プロコフィエフ作曲「ピアノソナタ第6番イ長調op.82第1楽章、第4楽章」を演奏した、草加市の山本己太郎さん(武蔵野音大4年)(21)が輝いた。大山市長から表彰状、トロフィー、副賞が贈られた。  山本さんは「前回、この曲で優秀賞に終わったので、1年間練習してきました。市長賞を獲得する成果が出て、素直にうれしい」と喜んでいた。

   また、優秀賞は、ピアノ、ビオラ、バイオリン(第1、第2)、チェロで構成する、東京藝術大学の1年生5人の「ピアノ五重奏」=白瀬元(19)、小林世佳(18)、弓塲友美子(19)、堀真亜菜(19)、金田滉司さん(18)=、ピアノの内山健さん(千葉県八千代市、東京大学3年)(21)が獲得した。
>戻る