ニュース

2市1町で見ごろのコスモス・各地で「まつり」イベントも

2013.10.21(八潮市、吉川市、松伏町)
ニュース写真
 八潮市木曽根の「中川やしおフラワーパーク」では畑のコスモスの花が満開を迎えている。
 同パークが開園した16年前から例年、市商工会と市観光協会が夏に種をまき、市民ボランティア団体「フラワーパークを育てる会」の手で維持管理されている。今年は、ピンクや黄色、エンジ色など3、4種類の花が咲き誇る。市商工会では「16日の台風の直撃で大半が倒れてしまったが、花はついており、丈夫な花なので、すぐ起き上がるはず」という(16日現在)。
 例年行われるシーズン終わりの無料摘み取り会は、今年は28日からの予定。下旬には来年春に備えて、菜の花の種まきも行われる。
 駐車場有り(毎日午前6時〜午後6時開場)。
 <問い合わせ>八潮市商工会TEL996・1926。


 吉川市船渡内自治会と船渡内転作組合主催の「コスモスまつり」は26日午前10時から午後3時まで、市民農園(上内川1605の1)東側のコスモス畑(約1000平方b)で開催される。
 コスモスの摘み取り、先着200人に小麦まんじゅうや豚汁の無料配布、地場産野菜の販売などがある。花摘みは無料だが、はさみは各自持参すること。雨天時は中止。
 <問い合わせ>吉川市市民農園TEL991・7770、吉川市農政課TEL982・9482。


 松伏町大川戸の県営まつぶし緑の丘公園でコスモスが見ごろを迎えている。地元住民でつくる大川戸地区県営公園整備促進委員会(根本藤一郎会長、会員37人)の主催による「第10回コスモスまつり」が26日に開催される。
 当日は、コスモスの摘み取り(はさみは各自持参)が自由にできるほか、金杉小学校児童による表現ダンス、町内で活動している団体によるアトラクションや松伏町のゆるキャラ「マップー」が参加するビンゴ大会も行われイベントを盛り上げる。
 そのほか、地元特産品の農産物直売会も行われる。雨天の場合は27日に順延する。
 <問い合わせ>まつぶし緑の丘公園管理センターTEL991・1211。

>戻る