ニュース

「ブキッチョ」を熱演・小学生ら市民ミュージカル

2013. 10.14(八潮市)
ニュース写真
 八潮市主催のオリジナル市民ミュージカル『ブキッチョ 2013ver.』が9月16日、八潮メセナホールで上演された。
   このミュージカルは、富良野塾出身の脚本・演出家、白石雄大氏を中心に、作詞・作曲、美鈴こゆき氏、振り付け、沖長利典氏、歌唱指導よしおかよしみ氏と市内及び近隣で活動するプロに指導を受けた小学2年生以上の市民26人が、4月からの厳しいレッスンの成果を発表した本格的なミュージカル。
 ストーリーは、深い森の中でひっそりと暮らしてきた真っ白で大きな耳の不思議な生き物「ブキッチョ」たちと偶然にも遭遇した小学生リコたちが、「森から食べるものがなくなる。この森を昔の豊かな森に戻してほしい」というブキッチョたちのために知恵を絞るという内容。未来の子どもたちが地球上で生きられる自然環境を守るために、自然環境のことをぜひ一緒に考えてほしいという思いのこもった作品。こどもたちの熱演に会場からも大きな拍手が起こっていた。
 来場者からは、「来たかいがありました。泣いてしまいました」、「出演者の明るくいきいきとした表情が、とてもすばらしかったです。予想を大きく上回るミュージカルに圧倒されました」などの感想が寄せられていた。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。