ニュース

メセナ新春ロビーコンサート・箏、三味線、尺八、長唄の調べに聴き入る

2013.1.21(八潮市)
ニュース写真
 八潮メセナ1階ロビーで13日、「第20回メセナ新春ロビーコンサート古典音楽の集い」が開催され、市民ら80人が箏、三味線、尺八、長唄の調べに聴き入った。 テーマは「興〜おこす〜」。東日本大震災から1年半。被災地の一日も早い再興を願い、演奏された。(財)やしお生涯学習まちづくり財団主催、雅の会出演。  曲目は巳年にちなみ、大蛇の化身である清姫伝説の長唄「娘道成寺」、新年を祝う箏曲「萬歳」などが演奏され、終演には長唄「勧進帳より瀧流し」が来場者とともに合唱された。  今年で20回目を数えるコンサート。会員による邦楽演奏だけでなく、フルートとの共演、小学生による長唄「末廣狩」の発表など行われた年もある。和装で観覧する来場者もいる。節目の20年、「雅の会」の芳村金紫さんは「何年もかかって浸透してきた思いがある」と顔が綻んだ。
>戻る