ニュース

「新田ルート」運行開始・パリポリくんバス

2020.1.20(草加市)
ニュース写真
 交通不便地域解消を目的とした草加市のコミュニティバス「パリポリくんバス」の新ルート「新田ルート」が24日から運行をスタートする。2016年4月から運行している北東ルート、南西ルートに次いで3ルート目。

 同ルートは、2017年2月定例市議会で新田西部地域住民からの請願が採択され、事業者や有識者らを含めた市地域公共交通会議で検討・調整を重ねてきたもの。道路幅が狭いことなどから一部区間で要望に沿えない部分もあったが、新栄団地を発着点に新田駅、獨協大学前駅、市立病院に直結し、地域内の公共施設などを経由するルートに決まった。

 「新栄団地〜市立病院」(約12`)と「新栄団地〜勤労福祉会館」(約8`)の2系統で運行する。朝日自動車に運行を委託、小型36人乗りで、同ルートのシンボルカラーの青色を基調としたラッピングバスで走行する。原則1時間あたり2便(勤労福祉会館〜草加市立病院間は1時間当たり1便)。料金は既存路線と同様の対距離区間制で180円から310円。毎日同時刻で運行。

 市交通対策課は「高齢者らの早朝の市立病院の受付時間に間に合うように、新栄団地発7時10分、同35分発を設定し利便性に配慮した」という。

 同バスは、5年間の試験運行として行い、3年目にルート変更などの見直しも行う予定。

 公共交通利用ガイドや時刻表は、公共施設で配布のほか、市交通対策課ホームページからもダウンロード可。

 <問い合わせ>草加市交通対策課TEL048・922・1685。