ニュース

繁華街をパトロール・草加署の歳末警戒

2019.12.23(草加市)
ニュース写真
 草加警察署は13日、歳末警戒の一環として、「繁華街対策、酒類提供店指導」を実施し、同署の交通課、生活安全課、刑事課、地域課の署員ら約40人がパトロールした。

 同日は同駅西口から約300b圏内の居酒屋やカラオケ、コンビニなどの店舗を対象に、チラシなどを配布しながら「車利用者への飲酒禁止」などを訴えた。

 新井共実署長は「犯罪を発生させないことが重要」と述べ、交通課の松本慶孝課長は「飲酒の機会が増える時期。飲んだらハンドルを握らないを徹底すると共に、路上の寝込みなど、倒れている人を見かけたら通報を」と呼びかけ、生活安全課の日向昇一課長は「事件事故に遭わずに新年を迎えられるように意識してもらいたい」と話した。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。