トップニュース

草加ボーイズが初優勝・間久里準V、読売ウィナーズC

2018.11.19(草加市)
ニュース写真
 草加市の「草加ボーイズ」が悲願の初優勝――。県内少年野球チームの頂点を決める「第12回埼玉県読売少年野球ウィナーズカップ大会」(読売新聞東京本社、埼玉県連合読売会、埼玉県野球連盟主催)は10、11日の両日、さいたま市大宮区の県営大宮公園野球場で開かれた。決勝戦は、「草加ボーイズ」(読売杯彩南東部地区少年野球大会優勝)と「間久里スネークス」(越谷市)(東武よみうり新聞社旗争奪少年野球大会優勝)の大会初の県東部対決となり、1―0で草加が栄冠を手にした。草加は他チームを圧倒する投手力など「守りの野球」で頂点を極めたが、“ワンツーフィニッシュ”の快挙に東部地区の少年野球関係者は歓喜している。

 同大会には県内の各大会を勝ち抜いた8チームが出場し、トーナメント戦が行われた。

 決勝に進んだ「草加」と「間久里」は県東部地区を代表する強豪チーム。4度目の出場の草加は昨年の3位が最高で、「決勝進出」は悲願だった。一方の間久里は3度目の出場で、こちらも初の決勝進出だった。

 試合は、予想通りの投手戦。草加先発の鈴木由投手は、速球が武器の右腕本格派。間久里は、コントロールが武器の右腕・木暮投手。

 一回表、間久里は1番・戸張が中前安打を放ち、盗塁で二塁に進み、3番・齋藤が四球で絶好のチャンスだったが、齋藤は二盗に失敗して逸した。

 二回裏、草加の6番・馬場孝が内野安打で進塁し、7番・石井が四球。盗塁で二、三塁に進んだ後、8番・多田がスクイズを決め、先制した。これが決勝点となった。

 多田はチームでのバント練習のほか、「毎週1回は父とバッティングセンターでバント練習している」ほど。二回は「監督のサインで気合いが入った。投球が真ん中に来て、うまく一塁側に転がってくれた」と顔をほころばせた。

 間久里は三回と五回に走者を得点圏に進めたが、球速113`をマークした草加の鈴木由投手の速球を打ち崩すことができず、4安打に抑えられた。

 鈴木由投手は「この大会のためにトレーニングを重ねてきた。さらに速球に磨きをかけ、甲子園優勝を目指す」と意気込んでいる。

 守備の時、走者がいれば、捕球後、すぐに次の動作を行うというように、「二つ先のことを考えてプレーするのが、草加ボーイズ野球」(須藤亨監督)。その練習の成果が見事に花開いた。
>戻る