ニュース

本社賞に藤倉さん・草加市美術展、19日からアコスで

2018. 10.1(草加市)
ニュース写真
 「第36回草加市美術展」が19日から27日まで、草加駅東口のアコスホール(イトーヨーカドー7階)で開かれる。草加市美術協会(鈴木喜美子会長)、草加市主催、市教育委員会、東武よみうり新聞社など後援。

 今回は日本画、洋画、工芸、彫刻、書、写真の6部門の公募に市内在住在勤在学、市内クラブ・サークル所属者から260点の応募があった。このほど関係者による厳正な審査が行われ、入選・入賞が決まった。平均入選率は89・7%(昨年91%)だった。

 グランプリの「草加市美術協会賞」には、大熊寞ハさん(草加市谷塚)の書「李維詩」、また、「草加市長賞」は、松田幸江さん(草加市谷塚)の洋画「番小屋」、古田晴也さん(同氷川町)の工芸「蜻蛉(酒器)」、「東武よみうり新聞社賞」には、藤倉吉信さん(蓮田市)の工芸「彩泥幾何文器」に決まった。

 そのほかの入賞者(敬称略)は別掲の通り。

 ▽草加市議会議長賞=彫刻「古風なメヌエット」石塚正美(草加市谷塚町)▽書「七言句」奥田硯翠(同手代町)▽市教育委員会賞=洋画「風薫朝」渡辺憲司(同柳島町)、写真「大樹の映り舞い」林武正(同稲荷)▽草加商工会議所会頭賞=日本画「簗場の鮎」河津鮟鱇(同松原)▽市文化協会賞=洋画「雪椿」金井恵美子(同弁天)▽東武新聞社賞=写真「残照」源田宣継(同親善町)▽とうぶまいにち賞=彫刻「フォルム」鈴木明彦(同手代町)▽書「松風閣詩巻より」村上大槐(同柿木町)

 【奨励賞】▽日本画=恩田尚洸(草加市谷塚町)、柿木由美子(同谷塚上町)▽洋画=大塚桂子(同北谷)、中村正義(同弁天)、森上民子(同青柳)▽工芸=相原円(同高砂)、寿マツ子(同両新田西町)▽書=神山道子(同氷川町)、橋本唯(県立草加南高校)▽写真=加藤憲治(草加市神明)、藤井義雅(同栄町)、柳澤修(同氷川町)。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。