ニュース

組み合わせ決まる・読売彩南東部少年野球

2017.7.3(草加市)
ニュース写真
 「埼玉南部読売会草加支部」主催の「第6回読売杯彩南東部少年野球大会」の組み合わせ抽選会がこのほど、草加市文化会館で行われた。

 大会は埼玉南部読売会草加支部主催、草加市少年野球連盟主管、東武よみうり新聞社後援、埼玉南部読売会協力。

 草加市少年野球連盟、同市スポーツ少年団、越谷市子ども会育成連絡協議会、八潮市スポーツ少年団、三郷市少年野球連盟から選抜された32チームが出場する。優勝チームには、11月に県営大宮公園球場で行われる「ウイナーズカップ」への出場権が与えられる。

 開会式の選手宣誓は、抽選の結果「三郷ブルーエンジェルス」主将の大石來円君(●)(●●小●年)に決まった。当日、抽選会に出席した同チームの副主将の奥澤笑太君(12)(高州小6年)は「まずは1勝。その積み重ねで優勝したい」と話し、池田雅人監督(24)は「選手・チームが一丸となって、長い夏にしたい」と意気込みをみせた。

 大会を運営する「YC松原新田」の河野伸良さんは「頂点に立ったチームだけが県営大宮公園球場(ウイナーズカップ大会)に参加できる。練習を積み重ね、頑張って下さい」と選手らを激励した。

 大会は9日、16日、23日、30日の日程。そうか公園多目的運動広場などでトーナメント戦が行われる。 

lign="right" style="font-size:14px; font-weight:bold;">>戻る