ニュース

獨協大学前駅に改名・記念乗車券を発売

2017.3.27(草加市)
ニュース写真
 東武スカイツリーライン松原団地駅の駅名が4月1日から「獨協大学前<草加松原>」に改称されるにあたり、東武鉄道は同日から「獨協大学前<草加松原>駅名改称記念乗車券」を発売する。

 今回発売する同乗車券は、獨協大学前<草加松原>駅から浅草駅間(大人310円区間)のほか、同駅から大人250円区間、小児360円区間、小児80円区間の片道乗車券(硬券仕様)4枚組に、駅名改称後の同駅西口のイメージパースを配した台紙を使用し、1セット1000円(税込み)で販売する。

 3000セットの限定販売で、浅草、とうきょうスカイツリー、曳舟、亀戸、北千住、西新井、竹ノ塚、草加、獨協大学前<草加松原>(現:松原団地)、新越谷、北越谷、春日部、北春日部、東武動物公園、久喜、羽生、南栗橋の東武線17駅と、東武グループツーリストプラザ(東京都墨田区)で販売される。

 東武鉄道では「このたびの駅名改称により、地域のイメージアップを図るとともに、国指定の名勝地『草加松原』を副駅名として広くPRし、観光・行楽客の誘致を図ることで、地域とともに沿線価値向上を目指す」と話している。

  <問い合わせ>東武鉄道お客さまセンターTEL03・5962・0102。