ニュース

よさこいコンテスト」も・草加ふささら祭り

2016.11.15 (草加市)
ニュース写真
 「平成28年度草加ふささら祭り」が3日、草加市の草加松原遊歩道、綾瀬川左岸広場などで開かれ、同時開催の草加商工会議所まつり、綾瀬川再生21事業などと合わせて約20万人(主催者発表)でにぎわった。

 メインイベントンの「踊るん♪よさこい」には、県内外から47チームが参加し、松原団地駅東口通りや県道足立越谷線などで、力強く華麗な舞を披露。沿道を埋めた観客からは大きな歓声がわき上がっていた。フィナーレでは、綾瀬川左岸広場のステージに全チームが集結し、秋空にはためくチーム旗の大旗競演や、埼玉県の「コバトンよさこい」の総踊りで、盛り上がった。

コンテストはAブロック、Bブロックの2ブロックに分けて行われ、最優秀賞の「踊るん♪大賞」には、Aブロックが「朝霞なるこ遊和会」(朝霞市)、Bブロックでは地元草加市の「チーム清門」が獲得した。

 また、昨年から始まった10人乗り手漕ぎ舟と、1時間に1回の割合で航行した船外機付き和舟も人気を呼び、早々と予約客でいっぱいとなっていた。

 親子4人で参加した市内の女性は「踊り手や出店、和船などの参加が増え、楽しめますが、例年、トイレで悩みます。設置場所や台数を増やしてもらうか、周辺企業や施設のトイレの開放を考えてほしい」と話していた。
>戻る