ニュース

マジックに歓声・「ママフェス」にぎわう

2016.10.3(草加市)
ニュース写真
 東武スカイツリーライン・草加駅東口前の商業施設「アコス」の7階アコスホールで9月22日、「ママフェス in 草加 〜Soka Constellation〜」が開かれ、約1万人が参加した。

公益財団法人・草加青年会議所主催、草加市後援。

 当日は、ハンドメイド雑貨や親子の似顔絵、赤ちゃんの写真撮影、ワークショップ、元・トランプマン2号の中島弘幸さんのマジックショーや演劇ユニット「たまねぎ村」による絵本の読み聞かせと即興演劇があった。

また、子どもから大人までが楽しめるどうぶつ将棋、不要な服を集めて世界の子どもを救おうという服のリサイクルなど約50の出展ブースが設けられ、豪華景品が当たるスタンプラリーも行われた。同市のマスコットキャラクター「パリポリくん」も随時、会場に登場し、親子連れらから写真撮影を頼まれるなどサービスに努めていた。

 市内の30代の主婦は「時間を忘れて楽しむことができた。子どもと一緒に参加できる場があってうれしい」と笑顔で話していた。
>戻る