ニュース

市民とソリスト共演・ソウカパインオペラ

2016.6.20(草加市)
ニュース写真
 草加市の市民合唱団らとプロのソリストが共演する「第7回ソウカパインオペラコンサート『伯爵家令嬢マリツァ』」が今月26日、草加市文化会館ホールで開かれるが、本番を前に出演者らの練習が熱を帯びている。このコンサートは、一般社団法人「イースト・ミュージック・アソシエイション」、草加オペラ協会主催で、東武よみうり新聞社、草加市などが後援している。


 賛助出演のダンススタジオ「アルテ・エスペランサ」に所属し、プロのダンサーを目指している川西凜空君(12)(谷塚中1年)は、今回がが初参加。魔術師の手下の役で、ダンスや合唱、セリフもあり、「プロの歌手の皆さんと共演するのは緊張感もありますが、役になり切って自分の力を出せるよう頑張ります」と張り切る。
 「伯爵家|」は全2幕、日本語上演。若き男爵タシロは破産し財産がなくなり、たった一人の妹の結婚に必要なお金を持たせるため、かつての家柄を隠し、大農園で働いていた。その農園の領主、伯爵家の令嬢マリツァは、真面目に働くタシロにほのかな思いを寄せていく。マリツァに求婚するジュパン男爵とタシロの妹リーザが奇妙にからみながら、ジプシーバイオリンの妖しい音色にのせて、激しく燃え上がる愛の物語が始まる。

 主な出演は、総監督とタシロ男爵役は田代誠さん(総監督・タシロ男爵役)、田中宏子さん(マリツァ役)、山口和子さん(リーザ役)、志村文彦さん(ボブレスク公爵役))、大澤一彰さん(ジュパン男爵役)、ほか。

 チケットはS席4500円、A席3500円、B席3000円、C席2000円(C席のみ小中学生は半額)。草加市文化会館(チケット専用)TL931・9977、イーストミュージックアソシエイション(FAX048・925・2736)などで発売中。
 <問い合わせ>イーストミュージックアソシエイションTEL925・2471、携帯090・6707・4881。
>戻る