ニュース

「パリポリくんバス」に決まる・コミュニティーバスの愛称

2015.12.15(草加市)
ニュース写真
 草加市が来年4月から2ルートで導入する市内初の「コミュニティーバス」の愛称とバス車体に装飾するラッピングデザインがこのほど、決まった。
 市は「地域の足」として親しみを持ってもらおうと公募し、市内小中学生から一般まで、「愛称」には606点、「ラッピングデザイン」には908点の応募があった。選考の結果、渡辺菜穂さん(市立新田中2年)(13)の「パリポリくんバス」が「愛称」に決まり、小林凜音(りお)さん(市立花栗中1年)(12)の草加せんべいキャラクター「パリポリくん」がせんべい片手に出迎えるイメージのデザインがラッピングに採用された。  原画をもとにプロのデザイナーが修正し、2ルートを走るバスのうち各1台にラッピングされる。 渡辺菜穂さんは「自分の名付けたバスに乗ってみたい」と話し、小林凜音さんは「早く自分のデザインしたバスに乗りたい、心待ちにしています」と喜んでいる。
   コミュニティーバスは、「北東ルート」と「南西ルート」を東武バスセントラルが運行し、料金は既存路線並みとなる見通し。