ニュース

市美術協会賞は渡辺さん・第33回草加市美術展

2015.10.19(草加市)
ニュース写真
 「第33回草加市美術展」が23日から31日まで、草加駅東口のアコスホール(イトーヨーカドー7階)で開かれる。草加市美術協会(鈴木喜美子会長)と草加市主催で、東武よみうり新聞社などが後援している。
 今回は日本画、洋画、工芸、彫刻、書、写真の公募6部門に286点が集まった。このほど行われた審査の結果、入選・入賞が決まった。グランプリの「草加市美術協会賞」には、渡辺憲司さん(草加市柳島町)の洋画「もうすぐ巣立ち」、また、「東武よみうり新聞社賞」には、安井泰三さん(草加市西町)の写真「モンスター」に決まった。
 入賞者(敬称略)は別掲の通り。


 <入賞者>草加市美術協会賞=洋画「もうすぐ巣立ち」 渡辺憲司(草加市柳島町)▽草加市長賞=洋画「覆われた階段」大倉昭雄(同市旭町)、工芸「たたら板の積み上げ」山之内正明(同市新栄)▽草加市議会議長賞=洋画「見上げる」奥村優(さいたま市見沼区)▽書「今夜こそ」=伊藤里紗(草加市吉町)▽草加市教育委員会賞=写真「清水」 北村義男(同市草加)、日本画「翠」平出みずほ(同市高砂)▽草加商工会議所会頭賞=彫刻「 完全には閉じられないやっかいな屏風」持田健史(草加市氷川町)▽東武よみうり新聞社賞=写真「モンスター」安井泰三(同市西町)▽東武新聞社賞=工芸「七宝象嵌透し彫り花器」野崎美和子(同市高砂)▽草加市文化団体連合会賞=書「趙翼詩句」 村田悦一(春日部市中央)。
>戻る