ニュース

21日から「交通安全運動」・ポスティング作戦で啓発

2015. 9.15(草加市ほか)
ニュース写真
 「秋の全国交通安全運動」は、21日から30日までの10日間実施される。「子どもと高齢者の交通事故防止」を基本に、夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止、全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶、が重点目標。埼玉県のスローガンは「人も車も自転車も 安心・安全 埼玉県」。
 草加署管内では交通死亡事故が多発、4月から7月まで特別対策地域に指定されたが、8月中に死亡事故が3件発生し、3日現在で死亡事故は11件で県内ワースト1が続いている。高齢者が死亡している事故が5件、自転車乗用中は6件となっている。
 同署では、先月24日に、交通安全広報大使に市内の子どもたちによるダンスユニット「おSENちゃんがーるず88」を12月末まで委嘱し、自転車安全運転5原則の歌「5song」などで、広く交通安全をPRしてもらうことにしている。同安全運動出陣式(19日、松原団地西公園)や草加市・八潮市交通安全大会(26日、アコスホール)などに出演予定だ。また、草加地区交通安全協会や草加地区安全運転管理者協会など交通5団体による、啓発チラシの「ポスティング作戦」を0と4のつく日の毎月6回に事故多発地区などで実施する。
 同運動期間中の主な啓発事業は次の通り。
 【草加署管内】▽交通安全運動出陣式=19日午前10時から松原団地駅西口公園▽八潮街頭キャンペーン=24日午後4時からや八潮駅前周辺▽草加市・八潮市交通安全大会=26日午後1時30分から、草加駅東口アコスホール。交通安全功労者、優良ドライバー表彰、アトラクション、自転車、テーマパークペアチケットなど当たる抽選会(0時30分から先着500人に抽選券配布)など▽草加街頭キャンペーン=30日午後3時から、松原団地駅東口・西口。
 【越谷署管内】▽出発式=18日午後1時30分から、イオンレイクタウンKaze光の広場。式典とアトラクション▽自転車マナーアップキャンペーン=24日午前10時30分から、ロヂャース越谷店駐輪場。自転車の安全点検も▽飲酒運転根絶街頭広報=25日午後3時から、新越谷駅と南越谷駅周辺▽夕暮れ時と夜間の交通事故防止街頭広報=28日午後3時から、中央市民会館周辺▽高齢者交通安全啓発活動=30日正午から、老人福祉センター「くすのき荘」。施設の利用者へ啓発品を配布しながら、交通安全を呼びかける。
 【吉川署管内】▽出発式=19日午後1時30分から、中央公民館▽街頭キャンペーン=24日午前9時、吉川中央総合病院、午後3時、カインズホーム松伏店。28日午後3時、ピアラシティ(三郷市)。29日午前9時、埼葛クリニック(吉川市)、午後4時、ウニクス吉川店。30日午前9時、磯久クリニック(吉川市)、午後3時、いなげや松伏店、午後3時30分、三郷中央駅周辺▽清掃啓発活動=25日午後2時、国道298号線(三郷市)。30日午前9時、三郷市役所周辺。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。