ニュース

返礼品は皮革製品など25品・「ふるさと納税」

2015.6.22(草加市)
ニュース写真
 草加市は15日から、ふるさと納税(寄付)をした人に返礼品として、市内特産品や市内事業者の製品をプレゼントする「ふるさと納税推進事業」をスタートした。市外在住者で1万円以上の寄付をした人が対象となる。
 ふるさと納税は、応援したい市町村等に寄付すると、寄付額の2000円を超えた金額について、所得税と個人住民税が一定額まで控除される制度。今年度から、税金の軽減が受けられる寄付の上限額が約2倍となり、5自治体までの寄付については、原則、確定申告なしで税の軽減が受けられるようになった。
 草加市は、この制度で、市内産業や伝統産業の活性化を図り、広くPRすることで草加の魅力を発信していくことが狙いだ。市内事業者を募集したところ、13事業所・団体から25品が集まった。市では、@1万円以上3万円未満A3万円以上10万円未満B10万円以上、の3コースを設定した。3万円以上については、複数の返礼品の中から選択することもできる。
 1万円以上では、17社の醤油味せんべい25枚入りの「草加せんべい味比べセット」、つばさの森手作り焼き菓子詰め合わせ7種セットなど、金襴緞子でデザインした「桜吹雪ボトルカバー」、楽天市場2012年度グルメ大賞受賞の「王さんの手包みジャンボ餃子&小龍包セット」など。3万円以上は、天然皮革ショルダーバッグ、金箔押尾屏風など。10万円以上は、クロコダイル革巻き油性ペン、地球儀セット、伝統染色皮革製イヤーマフなど、バラエティーに富んでいる。
 寄付は、市のふるさと納税窓口(財務調整課)のほか、インターネット上の「ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」(http://www.furusato-tax.jp)からも可能。クレジットカードによる決済(ヤフー公金決済)もできる。
 <返礼品についての問い合わせ>草加市産業振興課TEL922・0839。

>戻る