ニュース

草加ジュニア、しらこばと優勝・草加健康駅伝

2014. 12.8(草加市)
ニュース写真
 第17回草加市健康駅伝大会が11月16日、そうか公園で男子の部18チーム、女子の部17チームが出場して開催された。その結果、男子は草加市の草加ジュニア陸上クラブ(市村泰助監督)が26分48秒、女子の部は越谷市のしらこばと陸上クラブ(田辺明広・駅伝監督)が28分53秒でそれぞれ優勝。隣町のライバルチームが男女で優勝を分け合った。昨年は、男子優勝がしらこばと、女子優勝が草加だった。
 レースは、両チームが激しく先頭争いを演じ、男子、女子ともに逆転劇で優勝が決まった。草加ジュニアは、12月13日・14日に大阪で行われる「小学生クロスカントリーリレー研修大会」(全国大会)に全国クロスカントリー 埼玉県代表チームとして出場する予定だ。
 草加ジュニアの3区を走った河村東哉君(草加市立八幡小学校6年)は「けがをして走れなかったキャプテンの日高健太君のためにもみんなで頑張って優勝できて良かった。(全国大会に向けて)これからも厳しい練習に耐えて頑張りたい」と決意を新たにしていた。
 しらこばとの4区を走って逆転で優勝を決めた堀井愛菜(春日部市立八木崎小学校6年)さんは「襷を受けた時は先頭と差が開いていたけど、絶対に抜かそうと思って走った。しっかり走ることができてしらこばとが久しぶりに優勝できて良かった」と喜んでいた。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。