ニュース

11月、草加で「国際ハープフェス」・一流奏者が競演

2014.9.15(草加市)
ニュース写真
 国内外の一流ハーピストによる祭典「国際ハープフェスティバル2014|草加市」(草加市、公益財団法人草加市文化協会、日本ハープ協会、上野学園大学・同短期大学部主催)が11月15日、16日に草加市文化会館ホールで開催される。第26回日本ハープコンクール(13日〜15日、観覧無料)も同時開催。「おくのほそ道の風景地 草加松原」国指定名勝記念協賛事業。
 「フェスティバルコンサート」は15日午後6時30分開演。特別ゲストにピアニストの仲道郁代さん。ハープ独奏にイオン・ジョーンズ(イギリス)、ハープ・デュオに井上栄利加、新坂拡子ほか。「ファイナルコンサート」は16日午後1時30分開演。特別ゲストに、左手だけで演奏するピアニスト舘野泉さん。ハープ独奏に、ベアトリス・ギエルマン(フランス)、日本ハープコンクール優勝者。国内外トップハーピストによる20台のグランドハープ・アンサンブルほか。
 開催に合わせ、観覧無料のスクールコンサート(花栗南、栄小ほか)やスポットコンサート(市立病院、草加駅ほか)も随時開催予定。
 「フェスティバル」、「ファイナル」の両コンサートの各チケットは全席指定、一般1500円、学生500円。草加市文化会館(チケット専用)TEL931・9977、草加市物産・観光情報センターTEL921・1800、東武よみうりチケットセンターTEL987・0553、ほかで発売中。  <問い合わせ>草加市文化会館TEL931・9325。
>戻る