ニュース

渡部オールスターズ3位・KB野球全国選手権

2014.9.8(草加市)
ニュース写真
 8月7日から11日、静岡県伊豆市の志太スタジアムで開かれた、Kボール(軟式のゴム素材で開発した硬式の重さ、大きさのボール)野球の「第14回15U全国KB野球選手権大会(KB野球連盟主催)で、関東地区代表で出場した、東武沿線中学校8校選抜による「渡部オールスターズ(通称WAS)」が3位となった。
 渡部オールスターズは、6月の県予選に優勝し、関東代表決定戦で群馬県代表を下し全国大会に出場。1回戦は彦根クラブ(滋賀県)を4対3、準々決勝は福岡県選抜(福岡県)を7対1で下した。準決勝は伊豆少年野球団(静岡県)と対戦したが、相手投手を打ち崩せず、最後に満塁の好機もあったが、あと1本が出ず2対6で惜敗した。
 渡部康弘監督は「今年は小粒なチームだが『基本を忠実に』をモットーにスタッフのきめ細かな指導を徹底し、つなぐ野球、守る野球が実践できた。これが今回の結果につながった」といい、宮澤凌主将は「念願の全国大会に向けプレーにも自信がつき素晴らしいチームになった」という。

>戻る