ニュース

「草加朝顔市」29日に開催・草加松原で

2014. 6.23(草加市)
ニュース写真
 夏の訪れを告げる風物詩「第32回草加朝顔市」(草加市観光協会主催)が29日午前7時30分から、国指定名勝「草加松原」遊歩道で開催される。雨天決行で売切れ次第終了。
 市内栽培農家が栽培した、赤や紫、ピンクなどの大輪のパステルカラーの「あかつきシリーズ」、中心から筋状に白い模様が入った星咲きの花をつける「曜白シリーズ」の組み合わせで、あんどん型に仕立てた。1鉢1500円で約1000鉢を用意、草加さわやかさんの3人らが売り子となって販売する。会場では、せんべい、皮革などの地場産業製品販売、枝豆などの新鮮野菜販売もある。
 栽培農家の鈴木真治さん(64)(新里町)は「朝夕にたっぷり水をやり、葉がみずみずしければ肥料をやらなくても大丈夫。つるがどんどん伸びて花がつくので10月ごろまで、楽しめます」という。
 <問い合わせ>草加市観光協会事務局(市文化観光課内)TEL048・922・2403。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。