ニュース

亀田志乃さん全国大会へ・バトントワーリング

2014. 3.17(草加市)
ニュース写真
 名古屋市の日本ガイシホールで今月21〜23日に行われる第39回全日本バトントワーリング選手権に亀田志乃さん(草加市立稲荷小学校6年、ちくみバトンクラブ=成田美香代表=所属)が、ソロストラット(パレードでバンドを先導するようにマーチに合わせた正確なバトン操作と体の動きを競う個人種目)とダンストワール(音楽に合わせダンスの動きとバトンテクニックの演技を競う個人種目)の小学生の部に出場する。大会に向けて練習の毎日だ。
 亀田さんは3年前の2011年にもソロトワール小学1〜3年生の部で全日本への切符を手にしていたが、開催10日前に起きた東日本大震災の影響で大会は中止、幻に終わった。小学生最後の今年、そのリベンジを果たそうと臨んだ2月の関東支部大会(千葉ポートアリーナ)で両部門4位の成績をおさめ、見事、全日本へコマをすすめた。
 関東支部大会では見ている人にまで伝わるほど緊張してしまったという亀田さんは「全国大会では審査員にもアピールして、自分でも楽しめるように演技したい」と意気込む。157a、42`という恵まれた身体を活かし、トスを高くあげることが得意だという。指導する成田代表は「立ちたくてもなかなか立てる舞台ではない。結果はあとにしても、自分にチャレンジし、気持ちで負けないでほしい」とエールを送る。
 「3年前は泣いてしまった。次こそはと頑張ってきた。自分のためにいつも見てくれている先生に感謝している」と亀田さん。成田代表がデザインし母・亜実さんが装飾を施したレオタードを着て笑顔で大舞台に向かう。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。