ニュース

竹花さんが一日署長・草加署が防犯講座

2014.2.3(草加市)
ニュース写真
 草加警察署(田島昌明署長)は1月21日、地元在住のマリンバ奏者・竹花真弓さんを一日警察署長に任命して「若手警察官による防犯教室」を、同市柿木の総合福祉センターであいの森1階ロビーで開き、高齢者ら約100人が参加した。
 田島署長が一日署長の任命書を手渡した後、管内の犯罪発生状況について「管内の振り込め詐欺の発生は昨年1年間で42件、被害額は約1億円。ひったくりも県下ワースト1の90件発生し、女性や高齢者が狙われている。気を付けてほしい」と講話した。
 竹花さんは「見て聴いて心で感じて、安心安全なまちをつくるためには皆さん一人ひとりの心がけが大切。防犯について再認識を」と呼びかけた。
 漫画風タッチのオリジナルの絵で描いた振り込め詐欺防止の紙芝居を地域課の清水元英巡査(27)が上演、淡路えがお巡査(20)はトランペットで「明日があるさ」を熱演した。合間にはひったくりや振り込め詐欺が目の前で起こったように、寸劇が盛り込まれ、参加者もはっとしたようすだった。
 この後、竹花さんは、「上を向いて歩こう」など2曲を披露し、淡路巡査と「ふるさと」を合奏、参加者が合唱して会場は一体感に包まれた。

>戻る