ニュース

草加ジュニア準優勝・彩の国小学生クラブ駅伝

2013. 12.16(草加市)
ニュース写真
 11月30日に熊谷市のスポーツ文化公園陸上競技場で開かれた「第8回彩の国小学生陸上クラブ駅伝競走大会」(一般社団法人埼玉陸上競技協会主催)で、草加ジュニア陸上クラブ(杉本悟会長)Aチームが31分09秒の大会新記録を出し、準優勝に輝いた。一昨年、昨年に続く3連覇は惜しくも達成できなかった。
 大会は、県内の小学生チーム40チームが参加し、特設周回コースで男女6人が交互に1人1・5`、計9`をたすきリレーした。草加ジュニア陸上クラブAは、1区の桶谷選手がトップに立つものの、猛追してきた坂戸チームに抜かれ1秒遅れで、2区にたすきをつないだ。市村選手も一度はトップに立つが、ファイト川越Aに抜かれ、またも1秒遅れの2位で3区へ。3、、4、5、6区の各選手が懸命に追い上げたが、差は開き最後までトップのファイト川越Aに追いつけず、2位を堅持しゴールした。
 市村泰助・駅伝監督は「結果として2位と完全な力負けでしたが、全力を尽くした結果なので満足している」と話していた。
 メンバーは次の通り。
 【草加ジュニア陸上A】桶谷南実、市村竜樹(以上氷川小6年)、関根菜帆(新里小6年)、杉本翔(八幡小6年)、中村萌(新田小6年)、杉本渉(八幡小6年)。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。