ニュース

越谷しらこばと陸上4連覇・草加市健康駅伝大会

2013.11.25(草加市)
ニュース写真
 第16回草加市健康駅伝大会(草加市体育協会、草加市陸上競技協会主催)は17日、草加市のそうか公園を会場に開かれ、小学生男子の部は、越谷市のしらこばと陸上クラブ(田辺明広駅伝監督)が従来の記録を35秒更新する26分20秒の大会新記録で4連覇、女子の部は草加ジュニア陸上クラブ(市村泰助監督)が28分51秒で3連覇をそれぞれ達成。隣町のライバルチームが男女で優勝を分け合った。
 大会は、同公園内のコース2`を4人で走るもの。両者は、11月30日に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で開催される「第8回彩の国小学生クラブ交流駅伝競走大会」で、男子3人、女子3人の混成6人のチームとして、県ナンバー1の座をかけて対決する。県大会では、草加ジュニアが昨年まで2年連続優勝している。
 優勝した、しらこばと陸上クラブの相川響希君(越谷市立桜井南小6年)は「きょうは大会新記録で、しらこばと陸上クラブが4連覇できてうれしかったです。草加駅伝の勢いで県駅伝も優勝します」と笑顔で話していた。草加ジュニア陸上クラブの桶谷南実さん(草加市立氷川小6年)は「4人で襷(たすき)をつなぎ、3連覇することができて良かったです。皆さんの応援が力になりました。県駅伝は、負けずに全力で3連覇目指します」と決意を話した。
 両チームのメンバーは次の通り(敬称略)。


 【しらこばと陸上クラブ男子】相川響希(越谷市立桜井南小6年)、阿部泰知(越谷市立桜井南小6年)、小泉大樹(越谷市北越谷小6年)、中山隼佑(越谷市立千間台小5年)
 【草加ジュニア陸上クラブ】関根菜帆(草加市立新里小6年)、桶谷南実(草加市立氷川小6年)、市村珠季(草加市立氷川小4年)、坂田三奈(草加市立八幡小5年)。

>戻る