トップニュース

24日に初の「街グル」開催・市内商店会がまちおこし

2013.11.18(草加市)
ニュース写真
 草加市商店連合事業協同組合(三井忠代表理事)は24日、草加小学校校庭・体育館で「草加の商店街グルメ&名物グルメの祭典!〜街グルin草加2013」を開催する。
 国の「地域商店街活性化事業」の採択を受け実施するイベントで、市内各商店会加盟店などから、24のグルメとスイーツが一堂に集まる。「A5和牛ローストビーフの手まり寿司」(松原ハーモネスプラザ商店会)、「草加風お好み焼き」(新田西口商店会)、バナナッツマフイン(草加南商店会)はじめ、昨年3月に開催された、草加グルメフェスタに出場の「めがでるぷりん」「小松菜麺の草加風ジャージャー麺」、枝豆スイーツレシピコンテストの最優秀賞スイーツなど、バラエティーに富んだグルメとスイーツが販売される。
 新登場の「草加ふささら生せんべい」は、三角形にした、せんべい生地をもちに見立てて、あんで包み表面をあぶり焦げ目をつけた和風スイーツで、草加煎餅振興協議会が考案。白い生地あんこをみたらし団子のあんをかけたものと記事に抹茶を練り込んだものと2種類を販売する。午前10時から午後3時まで、売切れ次第終了。
 当日は、せんべい手焼き実演販売、草加の産直野菜などの物販販売、音楽都市宣言20周年記念の音楽イベントや、旧日光街道では各商店が趣向を凝らした100均一商品をワゴンで販売する「百縁商店街」も同時開催される。午前9時から午後4時まで、旧日光街道(神明町交差点から草加駅前停車場線まで)は通行止め。駐車場はなし、自転車は草加中学校に駐輪可。
 <問い合わせ>草加市商店連合事業協同組合・街グルin草加2013実行委員会TEL928・8121、草加市産業振興課TEL922・0839。

>戻る