ニュース

「草加を元気に」ふなっしーら応援・「公開」元気放送局

2013. 11.4(草加市)
ニュース写真
 インターネットテレビ「草加元気放送局」(安藤ちづる代表)の初の公開放送となる、第1回草加元気広場「ご当地キャラ夢の競演IN草加!!」が10月27日、草加駅前アコスホールと丸井屋上で午前と午後の3回公演で開かれ、大盛況だった。アコス、草加丸井が共催、草加市が後援した。整理券を求めて、朝から長蛇の列ができるほどの過熱ぶりだった。
 「草加を盛り上げていこう」と頑張っている草加市観光大使の「パリポリくん」とアコスちゃん(草加市)を応援に、以前、放送局のゲストで来たことがある、「カッパのコタロウ」(東京都墨田区)が友だちの「カパル」(埼玉県志木市)、「おしなりくん」(同)、「ふなっしー」(千葉県船橋市)に呼びかけ、集結したという設定だ。
 初回の公演では、それぞれのキャラクター紹介の後、田中和明・草加市長から、草加煎餅振興協議会特製のジャンボせんべいがそれぞれのキャラクターに贈られた。田中市長から、せんべいを受け取った「ふなっしー」は、特徴の甲高い声で喜びを表現、「草加はきれいなところですね」とお世辞も飛び出した。草加の地場産業のゆかた地で作った、ちゃんちゃんこを着て登場した「パリポリくん」とじゃれあったり、自分のテーマ曲がかかると弾けるような動きで観客を魅了、子どもたちからも大きな歓声があがっていた。「カパル」体操を元気に会場が一体となり楽しんだ。
 この公開放送の模様はインターネットのユーストリームで生中継されたほか、現在ユーチューブ(「草加元気放送局」で検索)でも公開中。
 安藤代表(46)は「予想以上の反響でした。初のイベントで、関係者やボランティアのみなさんのおかげで成功し、感謝します。次回の公開放送は未定ですが、草加が元気になれるイベントを考えていきたい」と話していた。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。