ニュース

「朝顔市」に4000人・1000鉢を販売

2013.7.15(草加市)
ニュース写真
 草加の夏の風物詩「草加朝顔市」が7日、草加松原遊歩道で開催され、約4000人でにぎわった。
 午前9時の開始前から行列ができるほどの盛況ぶりで、市内の園芸農家が精魂込めて栽培したあんどん型に仕立てた、色とりどりの朝顔1000鉢がずらりと並べられた。来場者は好みの花の色を伝えたり、手入れの方法を尋ねたりしながら、お気に入りの鉢を選んでいた。草加さわやかさんの3人も浴衣姿で売り子として参加。販売担当者とともに、笑顔で朝顔の鉢を購入者に手渡していた。また、「草加市観光大使」に任命された草加せんべいキャラクターのパリポリくんも大活躍。ユーモラスな仕草で子どもたちから記念撮影をせがまれたりと、イベントの盛り上げと朝顔の販売促進に一役買っていた。
 この日会場では、市内の中学校の生徒たちがジャンボ草加せんべいの焼き上げに挑戦した他、枝豆など新鮮な地場産野菜の販売も行われた。

>戻る