ニュース

市民とプロが共演・市民オペラ「椿姫」

2013.7.1(草加市)
ニュース写真
 第4回SOKA市民オペラ・ソウカパインオペラコンサート「〜ヴェルディ生誕200年〜椿姫」が草加市文化会館ホールで6月23日、上演された。プロのオペラ歌手と共に53人の市民が舞台を作り上げた。一般社団法人East Music Association(辻本木の実代表理事)、草加オペラ協会主催、公益財団法人草加市文化協会共催、東武よみうり新聞社など後援。
 オーディションを経て今年1月から練習を重ねてきた市民らは華やかな衣装を身にまとい、チェンバーオーケストラの生演奏が流れる中、堂々と演じ、歌った。草加市が「音楽都市宣言」をして20年。冒頭、田中和明草加市長が「名に恥じず、リズムがあるまちづくりをしていけるように協力願いたい」と挨拶した。
 同コンサートは来年も6月22日に開演される(演目未定)。市民合唱団オーディションは10月より受け付け、中旬に実施予定。
 <問い合わせ>一般社団法人イーストミュージックアソシエイションTEL941・8007。

>戻る