ニュース

鈴木、大和、山田さんに栄冠・草加さわやかさんコン

2013.5.27(草加市)
ニュース写真
 草加市文化会館ホールで19日、「第10回草加さわやかさんコンテスト」が開催された。草加市をPRする第10代さわやかさんを目指す18歳から40歳の女性17人が市民審査員の前で自己PRを行った。草加市観光協会主催、草加さわやかさんコンテスト実行委員会企画、草加市・一般社団法人埼玉県物産観光協会後援、草加市・草加市議会・草加市教育委員会・東武よみうり新聞社など協力。
 広報で公募された一般審査員らの投票で、“さわやかさん”には鈴木杏奈さん(18)=大学生=、大和美菜さん(26)=会社員=、山田志帆さん(19)=大学生=の3人が選ばれた。小澤敏明審査委員長は「いずれも甲乙つけがたく、選ぶのが大変だった。草加市民の代表として魅力や観光情報をさわやかに積極的に発信してほしい」と評した。
 3人は今後1年間、同市をPRする任務に携わる。さわやかさんとしての初仕事は、7月に開催される「あさがお市」に浴衣姿で参加の予定だ。
 また、同市音楽都市宣言20周年記念に伴い、審査の合間、埼玉県警察音楽隊による「まるいしあわせコンサート」も行われた。県警カラーガード隊も加わった華やかなステージの後、同市立松原小学校4、5年生102人が音楽隊と共演し、「草加せんべいの歌まるいしあわせ」を合唱して会場を盛り上げた。

>戻る