ニュース

ボウリングで交流・草加光陽育成会

2013.3.4(草加市)
ニュース写真
 草加市松江の草加SAPボウリング場で2月24日、草加光陽育成会「第1回草加市長杯ボウリング大会」が開催され会員の親子ら48人が参加した。開会式では田中和明・草加市長から兼子章会長に優勝杯が授与され、同市障がい福祉課の斉藤和見課長が始球式を行った。
 2ゲームの合計得点を競い、本田隆志さん(42)が計281点で優勝した。2位は260点で会田智史さん(26)、3位は247点で中村満さん(42)だった。本田さんは「いつも、お母さんとお父さんと練習している。緊張したけれど、初優勝してとてもうれしい」と喜んだ。
 草加光陽育成会は、心身障がい者とその家族の相談、助言、相互の親睦、交流などを行っている。5月に行われる県大会出場に向けて3年前から「会長杯」としてボウリング大会を開催してきた。兼子会長は「今年度から“市長杯”となったことで、会員だけでなく一般の人も参加してほしい」という。
 <問い合わせ>光陽育成会TEL948・6977。

>戻る