ニュース

「久月草加店」がオープン・谷塚駅東口に県内初出店

2012.12.11(草加市)
ニュース写真
 節句人形の老舗、株式会社久月(横山久吉郎代表取締役、本社・東京都台東区柳橋)が埼玉県初出店となる「久月草加店」(草加市瀬崎町1の3の12・県道足立越谷線沿い)を1日にオープンした。
  出店記念として、この日は、伝統工芸士の二世光匠さん(本名・国井昭)によるひな人形の制作実演が行われ、訪れた人たちが熱心に作業を見つめていた。また、同社がこれまで手掛けた「変わり羽子板」のうち埼玉県ゆかりの、プロゴルファー石川遼(2009)、七冠達成時の羽生善治棋士(1996)ら4作品の一般展示も9日まで行われた。
 光匠さんはじめ4人の職人は、同地にあった光陽に所属し節句人形を手掛けてきたが、廃業に伴い久月に移籍した。久月の横山久俊専務(30)は「今後は久月専属の伝統工芸士として、活躍してもらい、直営店より光匠ブランドのひな人形を展開しますのでご期待ください」という。光匠さん(60)は「和紙による制作にこだわりがあるので、手間をかけ生地を大切にして作り上げます。だれが手にとっても優しく感じられる人形を作っていきたい」と抱負を話していた。
  同店では、現在正月向けの羽子板・破魔弓を展示販売中。正月明けからは伝統にのっとった七段飾りなどを展示販売予定。
 〈問い合わせ〉久月草加店TEL922・9133(営業時間午前10時〜午後6時)。5月まで定休日はなし。年末年始は休み。

>戻る