ニュース

草加市長を表敬訪問・初防衛の岩渕選手

2012. 8.6(草加市)
ニュース写真
 草加市在住のプロボクシング・日本スーパーライト級王者・岩渕真也さん(26)(草加有沢ジム)が初防衛を果たし、7月20日に田中和明・草加市長を表敬訪問した。
 岩渕さんは2月に王座を奪取し、6月29日の初防衛戦で同級7位の挑戦者に3−0の判定勝ちで勝利。2週間前に左肘を痛め調整が遅れた影響もあり、序盤は接近戦を仕掛けてきた相手にてこずりながらも、左右のボディ攻撃で退けた。これで戦績は19勝(15KO)3敗。
 岩渕さんは「気負いと緊張の中、初防衛はノックアウトしてやろうと力みすぎてしまった。判定で勝ててほっとしている。何度か防衛して、世界チャンピオンになれるようこれからも精進したい」と語った。一緒に訪れた有沢ジム後援者の会社社長、染谷一一(かずいち)さん(65)は「草加市民が盛り上がるよう頑張って、世界王者に」、同ジムのトレーナーの有沢和広さん(41)は「パンチ力や相手に踏み込む攻めのフットワークの速さは群を抜く。スタミナ、冷静な判断力など、まだ成長途上。しっかりサポートしていきたい」という。
 田中市長は「減量や練習はきついと思いますが、世界王者めざしがんばってください。みんなで応援します」と激励した。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。