ニュース

7月1日に「朝顔市」・松原遊歩道で

2012.6.25(松伏町)
ニュース写真
 今年で30回目となる草加の夏の風物詩「朝顔市」(草加市観光協会主催)は7月1日午前9時〜午後2時、草加松原遊歩道、綾瀬川左岸広場で開催される。今回は、草加せんべい「まるいしあわせまつり2012」も同時開催。
 朝顔市は、市内園芸農家が丹精込めて育てた、限定1200鉢をあんどん型に仕立てて1鉢1500円で販売する。大輪、パステルカラーのあかつきシリーズ、星咲きの曜白シリーズの組み合わせで、赤や青、紫などの2〜4色の華が楽しめる。売り子として、さきごろ決まった第9代さわやかさんもゆかた姿で参加する。草加の四季観光写真コンクールのモチーフにもなっている。
 まるいしあわせまつりは、せんべいの手焼き体験や地域食品ブランド「本場の本物」に認定されている全国の物産の販売をはじめ、知的障害者自立支援施設「つばさの森」による小松菜マフィン、小松菜ジュースなど、3月に開催された草加グルメフェスタ参加店のファストフード、福島県昭和村や地元草加の農産物販売などがある。
 <問い合わせ>草加市文化観光課TEL922・2403。

>戻る