ニュース

笹島さんら3人決まる・草加さわやかさん

2012.6.12(草加市)
ニュース写真
 草加の魅力を明るく元気にPRする素敵な女性を選ぶ「草加さわやかさんコンテスト」(草加市観光協会主催)は2日、草加駅東口のアコスホールで開催され、厳正な審査により、9代目さわやかさんに笹島幸子(たかこ)さん(26)(草加市在住、会社員)、會田有瑠さん(21)(八潮市在住、大学3年)、中村奈々さん(24)(草加市在住、水泳インストラクター)の3人が選ばれた。
 コンテストでは、1次審査を通過した19歳から31歳の28人が、草加の特産、注染(ちゅうせん)で染め上げたアサガオ柄のそろいのゆかたで華やかに登場、審査委員の前でチャームポイントや草加の好きなところなどをアピール。中にはよさこい踊りやチアダンスを即興で披露する一幕もあり観客から大きな拍手が起こった。選ばれた3人は、これから1年間、市の行事やイベントなどで活躍する。
 3人の喜びの声は次の通り。
 笹島幸子さん「草加は実家のある茨城に雰囲気が似ていて大好き。東武スカイツリーラインなので、草加に寄ってもらえる観光名所になるようにB級グルメなど体験できる場所をPRしたい」
 會田有瑠さん「草加はせんべいをはじめ伝統を大切にしているまち。楽しいイベントも多い。障害者も健常者も、子どももお年よりもみんなが元気にふれあえる、つながる役目をしたい」
 中村奈々さん「草加は国際ハープフェステイバルやふささらまつりなどにぎやかなイメージのまち。B級グルメなども盛んなので、全国に発信できるグルメ作りやPRのお手伝いもしたい」。

>戻る