ニュース

生活保護世帯へカバン贈る・草加と草加中央LC

2012.2.27(草加市)
ニュース写真
 生活保護世帯の新入生たちに使ってもらおうと14日、草加ライオンズクラブ(佐藤公仁会長・会員20人)と草加中央ライオンズクラブ(秋元秀雄会長・会員18人)は草加市に小学生用のランドセル12個(男女各6個)と中学生用スリーウェィバッグ(サブバッグ含む)25個(男子13個、女子12個)を寄贈した。
 寄贈は、1979年から生活困窮している子どもたちのためにと毎年行っているもの。今回含め寄贈は計605個になる。生活保護世帯で来年度入学する児童・生徒がいる世帯のうち、希望した36世帯37人に配布される。草加ライオンズクラブの佐藤会長は「昨年寄贈した17個に比べると今年は一気に増えました。厳しい経済状況が続きますが、今後も継続していきたい」と話し、田中和明市長から「長きにわたり、手を貸していただいきましてありがとうございます。今後も市と一緒に子どもたちを育んでもらいたい」と感謝していた。

>戻る