ニュース

初の「まちコン」開催へ・3月10日、草加駅周辺で

2012.2.20(草加市)
ニュース写真
 全国的に流行し始めている、まちぐるみの大型合同コンパ、通称「まちコン」。草加駅周辺で3月10日午後2時30分〜5時30分、市内初のまちコン「そうか。コン! 春」が開催される。
 草加元気プロジェクト実行委員会(塚本正代表)が主催、草加市観光協会が後援する。公式ホームページなどから、20歳以上の独身男女各150人の参加申し込みを受け付け中。男女とも同性2人1組での参加が条件。草加駅周辺の飲食店13店舗が協力する。参加費は男性6000円、女性が4000円。
 まちコンは、宇都宮市が発祥とされる大型合コンで、指定された複数の飲食店を巡ってもらう男女の出会いのイベント。飲食店にとっては売り上げ増や、リピーターを増やすことで安定的な収益確保に繋がり、地域活性化や観光PRなど様々なメリットが得られることから、まちおこしイベントとして各地で開催が相次いでいる。
 当日は、草加駅東口のカーソンプラザ(イトーヨーカドー草加店入り口前)で午後1時から受け付け。各店の定員均一化のため、草加独自の方式として行ける店舗は男女とも2店舗までで、1店舗目は申し込み時点で指定、1店舗目のコンパ終了直前に次に移動する店を決める抽選が行われ、2店舗目が決まる方式。各店舗では、会話が弾み参加者が楽しめるようにと席替えやゲームなども用意しているという。
 今回の開催は昨年11月、代表のウエブコミュニケーションプロデューサー・塚本正(38)さん=草加市手代町在住=がテレビで放映されていた他市の街コンを見て企画。友人や知人に声をかけ有志4人で、飲食店を回るなどして準備をすすめてきた。塚本さんは、「宿場町に相応しい“おもてなし”の心で出迎え、草加の街を楽しんでもらえるイベントにしたい。ぜひ多くの人に参加してもらいたい」という。
 <申し込み・問い合わせ>▽公式ホームページ=http://sokacon.machicom.jp/ ▽メールアドレス=sokacon@machicom.jp▽草加元気プロジェクト実行委員会・塚本正代表TEL080・3150・3235。

>戻る