ニュース

加藤さんボクシングで全国へ・関東高校選抜で優勝

2012.2.14(草加市)
ニュース写真
 草加市瀬崎在住の加藤洸太郎くん(瀬崎中学校出身、花咲徳栄高校1年)が12月26日、茨城県立スポーツセンターで行われたボクシングの関東高校選抜大会ピン級(46`以下)A組で優勝、3月に同センターで行われる全国高校選抜大会にコマを進めた。決勝は13・7対4の判定勝ち。「自分では全て出し切ったので(判定勝ちは)満足しているが、チャンピオン目指してこれからもっと強くならないと」と意気込む。
 キックボクシングと極真空手を小学校3年生から始め、国際ジュニアキックボクシング優勝、極真空手全国大会3年連続準優勝など輝かしい戦績を修めているが、ボクシングは高校入学と同時に始めたばかり。実戦での戦績は昨年6月の関東大会とインターハイに出場し4戦2勝2敗。年末に迎えた関東選抜で「ここで力を出し切ろうと思って練習を追い込んだ」といい、見事優勝を果たした。
 身長160a、リーチ157aと決して恵まれた体格とは言えないが、7年間で培かわれた格闘技センスは本物だ。「ボクシングは、かけひきなどが難しく奥深い」と加藤くん。相手によって違う戦い方を考えるという。毎日学校で朝1時間の基本練習、昼2時間半のスパーリングをこなし、夜はジムで2時間半、トレーナーとのミット打ち込み練習で実戦感を掴む。「スピードを持ち味にしたい。経験が浅いので、もっと闘って階級制覇をしたい」と意欲を燃やしている。

>戻る