ニュース

本社賞に高村、柳町くん・高砂小校区ふれあい写生大会

2011.12.26(草加市)
ニュース写真
 草加市の第17回高砂小学校区ふれあい児童写生大会の表彰式が20日、同小学校で行われ、児童・保護者・教職員32人が入賞、賞状、記念品が贈られた。
 写生大会は11月26日、児童ら約200人が参加し同小敷地内から学校やその周辺の風景をモチーフに思い思いに描いた。7日に関係者により審査が行われ児童に贈られる各賞は低学年・高学年の2人ずつ選考した。
 東武よみうり新聞社賞には、村駿介くん(2年)、柳町皐太くん(6年)が輝いた。村くんは「わんぱく広場から見た土俵周辺を描いた。木の模様を色を変えて描いたのがちょっと苦労した。昨年も賞をもらったので入賞はうれしい」、柳町くんは「ふれあいの森から見たアリーナをお母さんのアドバイスで濃淡をつけたり、明るい色で描いた。がんばって描いたのでうれしい」とそれぞれ喜びを語った。
 各入賞は別掲(敬称略)の通り。

 ▽市長賞=加藤大貴(3年)、丸野蒼(5年)▽市議会議長賞=佐藤志音(3年)、岩崎志野(5年)▽市教育長賞=大塚玲音(3年)、谷田貝優子(4年)▽草加警察署長賞=岡田遥香(3年)、齋藤由衣(6年)▽草加商工会議所会頭賞=岩野隼汰(3年)、森京寿(6年)▽財団法人草加市文化協会賞=井上佳奈(3年)、渡部真理子(6年)▽市文化団体連合会賞=大竹朱夏(1年)、大塚洸季(5年)▽草加中央社会福祉協議会会長賞=小澤莉奈(2年)、平田彩季(5年)▽ぺんてる賞=佐藤佑南(3年)、村悠人(5年)▽東武新聞社賞=藤間日咲(1年)、仲山晃平(4年)
 ▽東武よみうり賞=村駿介(2年)、柳町皐太(6年)▽東武朝日新聞編集室賞=宮坂真司(1年)、野間口美穂(6年)▽実行委員長賞=宮坂篤志(3年)、加藤泉澄(5年)▽PTA会長賞=田中亮多(2年)、久木田奈々(6年)▽学校長賞=小平乙寧(2年)、浅生遥楓(4年)▽学校長特別賞=佐藤和子(保護者の部)、中田亜希子(教職員の部)

>戻る