ニュース

竹花さんハワイで演奏・草加せんべいをPR

2011.11.21(草加市)
ニュース写真
 ハワイ・ホノルル市のアラモアナホテルで10月8日に開催された「水森英夫日米友好歌の祭典in ホノルル」に、草加せんべい大使でマリンバ奏者の竹花真弓さん(45)=草加市青柳在住=が特別出演した。
 水森英夫氏は、歌手の氷川きよしや天童よしみなどの曲を書いている作曲家で、国際交流イベントを企画。現地の人からの情報で、ハワイでの演奏活動経験のある竹花さんに出演依頼が舞い込んだ。竹花さんは、草加の地場産業である桜柄のゆかた地で作ったムームーを着て、草加せんべいの歌「まるいしあわせ」を演奏するとともに草加せんべい大使として、会場に来ていたピーター・B・カーライル・ホノルル市長に、草加せんべい振興協議会(沼口孝次会長)から提供された直径約30aの手焼きせんべいをプレゼントするなどして草加せんべいをPR。このあと、地元ラジオkzoo局の生放送にも出演し、草加せんべいをアピールした。視聴者からはラジオ局に「草加せんべいはどこで買えるの?」など多くの問い合わせがあったという。
 竹花さんは「日系人の多いハワイでは、せんべいをかきもちと言って昔から好む方が多いそうです。草加せんべいの名前がハワイ中に広まり、たくさんの人に本場・本物の草加せんべいの味を知ってほしい」と話していた。2006年からハワイでせんべいのPRを軸にマリンバ演奏会を企画してきた竹花さんだが、今後は同協議会の職人による手焼きせんべい実演をセットにした演奏会も実現に向け企画中だ。

>戻る