ニュース

小松菜チーズボーで初参戦・めざせ埼玉グルメ王

2011.11.21(草加市)
ニュース写真
 今月26日に北本市の北本総合公園で開催される「第9回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」に、草加商工会議所青年部(田畑圭介会長)が地元産小松菜を使 った「小松菜チーズボー」で初参戦、入賞をねらう。
 5月の第7回大会で草加ふささら祭り実行委員会が出品した「草加小松菜チヂミバーガー」が優勝したことで刺激され、草加の観光の目玉となる小松菜グルメをさらに広げ盛り上げようと今回、参加を決めた。食材の小松菜は、JAあゆみ野が全面協力、提供してくれることになった。
 出品にあたり選んだのが、2008年の草加市制50周年記念草加ふささら祭りの中で、県内有数の産地である小松菜をテーマに開催された「草加名物レシピコンテスト」の入賞作品のひとつ「小松菜チーズボール」。レシピは、小松菜、豚挽き肉、タマネギに塩、こしょう、ナツメグを加えてよく練り肉だねを作り、モッツァレラチーズで包み小麦粉、スキムミルクを水で溶きパン粉をつけて油で揚げる。同青年部で検討しアレンジ、会場でお客が食べやすいようにと、球形から俵形に形を変え、棒を刺して提供する。味付けは、当日まで試行錯誤していくがケチャップ、中濃ソース2種類を用意する予定。
 商工会議所青年部・田畑会長は「埼玉B級グルメ王で小松菜チーズボーの知名度をアップし、地元の名物の一つとして定着させていきたい。小松菜グルメは、すでに三郷、八潮市商工会と連携し、今年も12月からスタンプラリーも実施予定なので、こちらの盛り上がりにもつなげたい」と意気込んでいる。チーズボーは、すでに青年部会員が経営する居酒屋やレストランなどで提供を始めているが、埼玉B級グルメ王入賞で、さらに提供する店を拡大していきたいという。
 なお、埼玉B級グルメ王のイベントには、草加小松菜チヂミバーガー(草加ふささら祭り実行委員会)が連覇を狙い出場、三郷市からは入賞経験のある小松菜ギョウザ(三郷市商工会)も参戦する。会場では、県物産観光展なども同時開催、草加市の小松菜グルメ、草加せんべい、三郷市の小松菜せんべいなども出店する。会場へは、JR高崎線北本駅から徒歩25分、または北本駅東口から臨時バス(有料)が9時〜16時、5分間隔で運行。
 <問い合わせ>県観光課TEL048・830・3955。

>戻る