ニュース

推薦に渡邉さん、特選は加藤、米川さん・草加の四季写真コンクール

2011.10.24(草加市)
ニュース写真
 一般公募による、第14回草加の四季観光写真コンクール(草加市観光協会主催、東武よみうり新聞社など後援)の審査会が12日、草加市役所で行われた。今回は129点の応募があり、関係者による厳正な審査の結果、入賞16点が決まった。
 グランプリの推薦には、雨上がりの札場河岸公園の芭蕉像と石畳をモノクローム調に切り撮った渡邉勝利さん(谷塚町)の「芭蕉翁」が獲得した。特選は、草加ふささら祭りでのよさこい踊りの親子をとらえた加藤俊昭さんの「パパも見てるよ!」、宿場まつりでの大道芸の息詰まるシーンを観客がぐるりと囲み見物するようすを1枚の構図で収めた、米川朋生さんの「クライマックス」が獲得した。
 入賞作品は12月1日〜13日、草加駅東口アコス6階の展示スペース・アゴラで展示される。
 入賞者(敬称略)は次の通り。
 【第14回草加の四季観光写真コンクール入賞者】▽推薦=「芭蕉翁の旅立ち」渡邉勝利(草加市谷塚町)▽特選=「パパも見てるよ!」加藤俊昭(栄町)、「クライマックス」米川朋生(吉町)
 ▽フォトライフサポートセンター賞=「花陰」小林紀久夫(柳島町)▽入選=「躍動よさこい草加」矢島勲(神明)、「川面花模様」齋藤茂(氷川町)、「手焼き体験」外池兵喜(松江)、「草加朝顔市」飯田芳正(東京都足立区)、「朝顔娘のさわやかさん」渋谷健男(氷川町)▽佳作=「心ひとつに」渡辺君子(氷川町)、「天晴れ! パリポリ賞」=小野辰則(青柳)、「水辺の舞い」工藤紀昭(杉戸町)、「桜花爛漫」新谷精二(谷塚町)、「華の共演」安井泰三(西町)、「落葉ひろい」高橋稔(越谷市)、「水辺で憩う」小西直昭(川口市)
>戻る